ピアノ初心者が上達するコツ

ピアノ初心者が上達するコツ

自分の好きな曲をピアノで弾いてみたいと思うことは誰にでもあります。むしろ、大人になってからの方が強く抱く人も多いです。

 

ピアノ初心者である場合は、ピアノ教室に通って専門家に習うことが上達の早道ですが、独学でも十分に可能です。しかし、いずれの場合でも、自宅にピアノがないと練習できません。

 

そこで、まずはピアノを購入することが肝心です。20年も昔であれば、ピアノの種類はグランド型かアップライト型に限られていて、高価で、しかも大型で置き場所が問題になりましたが、今では、コンパクトな電子ピアノが数万円程度で購入できますし、音量の調節もできます。

 

まずは、ピアノを購入して、好きな時に弾ける環境を作ります。そして、いよいよ弾き始めるわけですが、ピアノ初心者の場合、最初は簡単に弾ける楽譜を選ぶ必要があります。いきなり難しい曲に挑戦すると、そこで挫折する可能性があるためです。

 

ピアノが上達すれば、いくらでも難しい曲に挑戦できるので、少しづつ腕を磨いていけばいいのです。ピアノは、左手でベース音を弾きながら、右手でリズムを奏でます。

 

ピアノ初心者の場合、いきなり両手で弾こうとしますが、これは正しくありません。まずは、左手だけでベース音を弾く練習をして、次に右手だけでリズムを弾く練習をします。つまり、片手づつ練習して、ミスしなくなったら、両手を併せて弾きます。実は、これが初心者が上達する早道であり、ベテランでも同じなのです。

 

 

 

>>海野真理ピアノ初心者の教本DVDはこちら<<