ピアノを上達させる方法

ピアノを上達させる方法

ピアノを上手に演奏している人を見ると、憧れをもって自分も弾いてみたいと思う方は多いです。それをきっかけにして、幼い時から習いに行ったり、大人になってから趣味でやってみたいと思って始める方や、初心者だがもっと上達させたいと思う方もいるでしょう。

 

ピアノ上達させるためには、毎日練習する必要があります。テンポの遅い曲を演奏する時でも、リズムを崩さずに弾くためには、指先を器用に動かせるようにならなければなりません。毎日ピアノの訓練をしないと、すぐに指の動きが鈍ってしまいます。

 

ピアノを練習する時のコツは、手首をなるべく動かさないようにし、手の甲を丸めるような形にして、指先をピアノの鍵盤に向かって立てて弾くことです。指の腹ではなく、爪に近い指先で弾きます。特に一番短い小指は、鍵盤を叩く力が弱いため、指先を立てることでしっかりとした音を出せるようになります。また、爪を伸ばしていると鍵盤に引っかかるため、必ず切りましょう。

 

このように手首から指先までの使い方を意識して練習することで、鍵盤を叩いた時の音を安定させることができ、ピアノ上達に繋がります。

 

 

 

>>海野真理ピアノ初心者の教本DVDはこちら<<